本文へスキップ

根室カトリック幼稚園

教育方針

ギャラリー

イメージ01

教育方針

カトリックの愛の精神に基づいた人間教育を実践し、子どもの心身の健全な成長を育んでまいります。

イメージ02

モンテッソーリ

マリア・モンテッソーリが医学博士として子どもを観察する中で発見したことを体系化した教育法です。 子どもが持っている力(敏感期)に信頼し、ひとりひとりの自主的活動の時間を充分に持つことが特徴です。

イメージ03

子育て支援

プレイルーム「ぴっころ」
未就園児のお子様(0~2才)とお母様を対象
1・2才児クラス「エンゼルクラブ」
1・2才のお誕生日を迎えたら、お母様から離れて、初めての幼稚園

イメージ04

預かり保育

朝は7:30から、帰りは18:30まで
保育時間外の延長保育をおこなっています。
ご家庭の様々なニーズにお応えするため、土曜日・代休日の預かり保育もをおこなっています。

カトリック幼稚園で育つ心

  • カトリックの愛の精神に基づいた人間教育を実践し、子どもの心身の健全な成長を育んでまいります。
  • ひとりひとりの子どもを、かけがえのない1人として受け入れ、温かい関わり合いの中で、子どもたちが神と人を敬い、愛し、自らもその生命の尊さと価値を知ることができるように導いてまいります。
  • 愛し、愛されることの喜びを味わいながら、将来的に社会の一員として貢献できる人間になるよう、その人格形成の基礎を培うことを目指しています。
  • 整えられた環境の中で、子どもの主体的活動を大切にしながら、子ども自身の自己教育力、自立へ向かう心を正しく導き、子どもの内的生命の発達を援助してまいります。
  • すべての人はみな神の子であり兄弟であり、互いに愛しあい、助けあい、ゆるしあって、この世界を平和にしていく務めがある、という自覚を育てます。
  • 神と周りの人に「ありがとう」(感謝の心) 「ごめんなさい」(あやまちを認めてわびる心)のことばを素直に言える心を育てます。

カトリック幼稚園の特色

◆カトリックの教育は“あそび”を大切に

子どもが自分から取り組むもの、子どものすこやかな発達をうながすもの、それが“あそび”です。
本来“あそび”とは、大人のお仕着せによるのではなく、子どもの側からうまれてくる自由なものです。
カトリック幼稚園では、あそびを子どもの可能性をのばすものととらえ、あそびを通して、
自主性のある子ども、社会性のある子ども、創造性の豊かな子どもを育てたいと思っています。
あそびを生活の中心とした園の環境が、子どもたちを心身共に成長させます。

◆子どもに寄り添った保育

「どうして?」「あっ わかった!」「できたよ!!」子どものそんな気持ち、しっかり受けとめたい・・
「字が書ける」「運動ができる」……「できる」ことは大切ですが「できる」という結果だけに
価値を見出していませんか? 子どもはみんないろいろな可能性と自由にのびる能力を持っています。
カトリック幼稚園では子どもが自分でのびようとする力を大切に、一人ひとりのペースに合わせ
子どもに寄り添った教育をしています。


縦割りクラス

縦割りクラスとは満3歳、3歳、4歳、5歳児の混合クラスのことです。
教師が子ども一人ひとりの発達段階を知り、その時期に応じた適切な指導が出来ます。
家庭的な雰囲気を大切にし、各年齢の子ども達をバランスよく配置することにより、

◆年齢を問わずたくさんのお友だちが出来る。
◆自分より何でも出来る強い人、弱い人がいる自然社会を体験できる。
◆年上の子どもの活動を見て憧れの気持ちを持つ。
◆子ども同士で学びあうことが出来る。
◆やさしさやいたわりの気持ちが育つ。

これらのことを日常的に、ごく自然に体験し、学ぶことが出来るのです。

年齢別横割活動

クラス単位の縦割り活動とは別に、週2回年齢別の横割り活動の時間も設けています。
この活動は同年齢同士の興味や関心から起こる活動を発展させ、
各年齢の発達段階に即した成長の充実を図ることを目的としています。
特に年長児は、就学を見据えて「文字・数あそび」や、体育を意識した 「てつぼう」「とびばこ」「なわとび」等に取り組みます。


INFORMATION

学校法人釧路カトリック学園
認定こども園
根室カトリック幼稚園

〒087-0028
北海道根室市大正町2丁目21番地
TEL.0153-23-5075
FAX.0153-23-6258

ようちえんの ブログ えんだより 問い合わせ